2013/03/09

Klipsch Image X10購入

KlipschのImage X10とcowonのSOUND CAPSULEのパッケージ外観
KlipschのImage X10とcowonのSOUND CAPSULEのパッケージ
Klipsch(クリプシュ)製のイヤホン、Image X10を購入したので、感想をメモ。

概要

  • シングルBA型
  • 小さい、軽い(10g)
  • 装着感が良い(長時間のリスニングに最適) 
  • 110dB/1mW、 5~19000Hz、50Ω
  • L字プラグ、ケーブル長1.25m
非常に装着感が良く、長時間つけっぱなしにしても耳が痛くならないのが、最大の特徴。
本体が小さいことに加え、楕円形のイヤーピースを採用しているのがポイント。
ちなみに、プラグはL字というよりは緩やかな「へ」の字型。

サイズやプラグの形状は公式Webサイトの写真を参照のこと。

購入

アマゾンで国内正規品が約19000円。並行輸入品が約14000円。
偽物が存在するという噂もあるので、堅実派は国内正規品のほうがベターかも。

本体の特長

  • コードスライダーあり
  • LR判別用の突起なし
  • SHURE掛け可能
LRが暗い所で容易に判別できないのは、個人的に大きなマイナスポイント。
判別できるようにL側に突起をつけるなどの工夫が欲しかった。

付属品

  • イヤーピース(「Ear Gels」:楕円形のシリコン製イヤーピース)
    • シングルフランジはS/M/Lサイズがあり、Mはイヤホンに取り付け済み
    • ダブルフランジはS/Lサイズのみ
  • クリーナー
  • 飛行機用アダプタ
  • 標準プラグアダプタ
  • 収納ケース
付属品はひと通りのものが揃っており、文句なし。
初期の頃は、DAPごと収納できるような大きめのケースもついてきたとか。
現状ではイヤホンを収納できるケースのみ付属。

視聴

イヤーピースは装着感を重視してシングルフランジのMを選択。
ダブルフランジのほうが遮音性は高いが、装着感は劣る模様。

iPod touch(4th)  →  イヤホン
という構成で視聴。

やや低音が多く、しかもぼやけているように聞こえる。
一般的にはフラットといわれているようだが、オーディオテクニカの音に慣れているせい?

 なお、こんもりした低音は「SOUND CAPSULEをはさむと改善される」という情報を得たので試してみたところ、低音が抑えられ、改善された。

このサイズにしては音も装着感も良いので、長時間の電車移動には向いていると思います。
あとは装着感的には、 寝ホンとして使うことも可能かと(しかし、壊しそうで怖い)。